COLUMN

セルフオーダーシステムの導入事例からメリットとデメリットが丸わかり!

現在の飲食店業界では、人出不足、インバウンド対応などの問題を抱えています。

セルフオーダーシステムは、これらの問題を解決するシステムとして注目をされています。

・セルフオーダーシステムってなに?
・メリット・デメリットが知りたい!
・どんな店舗が導入しているの?

弟子「なんだか難しそう」

おかげ丸「わかりやすく説明していくから安心してね」

セルフオーダーシステムは、飲食業界をどう変えてくれるのでしょうか?
それでは、見ていきましょう。

セルフオーダーシステムとは


セルフオーダーシステムは、サービスをデジタル化し、利用客に「セルフ(自分で)+オーダー(注文)」してもらうシステムのこと。

ここでは、システムを導入するとスタッフの仕事がどう変わるかを見ていきます。

システムを導入すると、

・伝達ミスが減る
・必要な情報をすぐに引き出せる
・セルフレジなど会計作業が楽になる

など、より便利にさまざまなサービスが提供できるようになります。

それでは詳しく見ていきましょう。

伝達ミスが減る

今までは、人間が手動で行なっていた注文。セルフオーダーシステムは、タブレット、ハンディなどのすべての端末が同期。リアルタイムで連動しています。

なので、利用客が料理を確定した瞬間に全端末に情報が伝わり、ミスやトラブルが減少します。

おかげ丸「伝達ミスによる苦情が減るよ!」

追加注文、個数の変更などもすぐに全スタッフに共有されるので、スピーディーな対応が可能です。

必要な情報をすぐに引き出せる

セルフオーダーシステムで得た情報は、クラウドデータベースに保存されます。

会計はもちろん、在庫管理、スタッフの給与などの情報をアプリが管理。見たい情報をすぐに引き出せます。

おかげ丸「面倒な作業がぐんと減るまる〜」

また、お客様ごとの細かい情報も管理できるので、より良い店舗づくりに活かせますよ。

セルフレジなど会計作業が楽になる

セルフオーダーシステムは、多角化する会計方法にも対応。広がりを見せているキャッシュレス決済を柔軟にカバーします。

また、セルフレジと連動することで、レジの無人化にも期待ができます。

個別会計、割り勘会計もすべてアプリが行うので、さまざまな利用客の希望に即対応が可能です。

また注文をしたハンディで、レジアプリを使用しての会計も可能。どの端末でもレジを呼び出せるので、スタッフの稼働率がアップします。

弟子「機械が行うので、会計ミスもないね」

セルフオーダーシステムのメリット・デメリット


セルフオーダーシステムには、メリットデメリットがあります。
それぞれ見ていきましょう。

セルフオーダーシステムのメリット

セルフオーダーシステムには、3つのメリットがあります。

・人手不足が解消される
・外国人観光客が読めるメニュー
・テイクアウトサービスの提供

・人手不足が解消される

現在、飲食店では人手不足が問題視されています。セルフオーダーシステムは、人間に代わって機械が注文、会計までをサポートします。

飲食店が人手不足に陥ると、サービスが低下。さらに、従業員ひとりひとりの負荷が大きくなり離職してしまうケースも。

弟子「育てた人材が辞めちゃう…」

今まで人が行ってきたサービスを機械化することで、求人媒体へのコスト削減やサービス提供の安定化に繋がります。

・外国人観光客が読めるメニュー

外国人観光客の増加により、多言語に対応できるメニューが求められています。

セルフオーダーシステムは、多言語メニューの提供が実現。メニューをタッチするだけで、日本語から外国語メニューに切り替わります。

おかげ丸「外国人観光客に選ばれる店になるまる〜」

また、成分表示機能も備わっているので、アレルギーなどのトラブル防止にもつながります。

・テイクアウトサービスの提供

日本では軽減税率が導入され、テイクアウト導入に注目が集まっています。

セルフオーダーシステムは、スマホからの事前注文、事前決済が可能。忙しいランチタイムでも、テイクアウト提供をスムーズに行えます。

おかげ丸「競合店舗との差別化にもなるね!」

スピーディーなシステムは、忙しいビジネスワーカーにぴったり。新たな顧客獲得にも繋がります。

セルフオーダーシステムのデメリット

セルフオーダーシステムには、2つのデメリットがあります。

・故障をはじめとする機械トラブル
・客単価、価格設定が安くなりがち

・故障をはじめとする機械トラブル

セルフオーダーシステムは、タブレットなどの機械を使用します。不特定多数の利用客が使用することで、故障をすることも。

弟子「従業員の負担を、逆に増やしちゃうね」

しかし、直感的なメニューの研究や端末のレンタルサービスが進んでおり、今後問題は解決すると思われます。

・客単価、価格設定が安くなりがち

セルフオーダーシステムは、人の代わりに機械がサービスを提供。飲食店特有の温かみを消してしまい、価格設定に影響を及ぼします。

また、人に注文を伝えるプレッシャーから解放されるので、より単価の安い料理を選ばれてしまう可能性もあります。

飲食店では、接客サービスも料金のひとつ。導入するにあたり、それに代わるサービスの提供が必要です。

弟子「自分の店にマッチするか、見定めが肝心だね」

セルフオーダーシステムの構成

ここでは、「Okage」のセルフオーダーシステム を例に説明します。

レジ、ハンディ、セルフレジ、モバイルオーダーなどをクラウド上で一元管理。各店舗に合わせたシステムを選んで組み合わせられます。

おかげ丸「予算に合わせていろいろ選べるね!」

セルフオーダーシステムの機能紹介

おかげ丸「セルフオーダーシステムの機能を3つ紹介するまる〜」

・全端末リアルタイム連動
・簡単に作れる電子メニュー
・直感的に操作できるアプリ

機能①全端末リアルタイム連動

セルフオーダーシステムは、全端末がリアルタイムで連動。注文から会計までをシステムが管理します。

利用客が注文した内容を全スタッフが共有でき、正確な情報がシェアされます。

おかげ丸「オーダーミスが減るね!」

追加の注文や変更などもすぐにキッチンに反映されるので、スピーディーな対応が可能となりました。

機能②簡単に作れる電子メニュー

セルフオーダーシステムは、紙のメニューをダウンロード。タッチパネル対応のデジタルメニューが簡単に作れます。

電子メニューは、紙をめくる感覚で操作することができるので、直感的でわかりやすいのが魅力です。

また、管理画面から簡単にコンテンツを追加できるので、提供できるメニューの幅が広がります。

おかげ丸「限定メニューの追加も簡単です」

機能③直観的に操作できるアプリ

セルフオーダーシステムは、タブレットなどの端末にアプリをダウンロードして使用します。レジや電子メニューなど、幅広いサービスが操作可能です。

機械が苦手な人でも、直感的に操作できるように作られているので、すぐに慣れることができるでしょう。

また、スタッフへの操作説明や電話サポートなど充実のアフターケアも魅力です。

弟子「アフターケアがあるのはうれしい!」

セルフオーダーシステムの導入事例

ここでは、セルフオーダーシステムの導入事例をご紹介します。

コワーキングスペースの雰囲気を壊さずオーダー

東京ミッドタウン日比谷の「Q CAFE by Royal Garden Cafe」では、コワーキングスペースにセルフオーダーシステムを導入。

店内にモバイルオーダーシステムを導入し、ビジネスシーンの雰囲気を壊さない工夫が施されています。

おかげ丸「声を出さずに注文ができるよ!」

また、シングルからボックス席を事前に予約できるシステムもあり、便利で確実にスペースを利用できます。

事前注文・事前決済でランチ難民を解消

東京ミッドタウン日比谷の「HIBIYA DELI & CAFE」では、モバイルオーダーによる事前注文・事前決済システムを導入。

忙しいビジネスワーカーが喜ぶスピーディーなサービスを提供しています。

弟子「待たずに商品が受け取れるね」

また、テイクアウトに対応することでランチ難民をサポート。スマホから気軽に注文し、好きな時間に食事が楽しめます。

まずは「Okage」の無料デモアカウントを活用しよう

セルフオーダーシステムは、飲食店の人出不足を解消。外国人観光客増加によるインバウンド対応や、テイクアウト導入が叶います。

「Okageシリーズ」は、システム導入を検討しているすべての飲食店様のニーズに対応できるように、「お試しシステム」が充実しています。

契約をする前に「無料デモアカウント」に登録すると、トライアルバージョンのサービスを無料で1ヶ月お試しすることができます。

▶︎無料デモアカウント登録ボタン
http://www.okageregi.com/

セルフオーダーシステムに興味のある方は、ぜひ無料のサービスを利用してみてください。店舗が抱えている問題を、セルフオーダーシステムがテクノロジーの力で解決します。

モバイルオーダーって知ってますか?

お客様のスマホで注文をしてもらうので高額なタッチパネル端末代金はかかりません!
QRコードを読んでもらうだけの簡単注文!
さらにLINEやInstagramなどのSNSと連動で柔軟なキャンペーン設計も可能です!

詳しくはこちら