COLUMN

飲食店の売上がアップするアイデア10選!簡単にできて効果的な方法を厳選

Okage Go 店外版 自分で導入プラン

「お店を経営しているけど、もっと売上がほしい」
「毎月の売上を上げたい」
「今よりも売上を上げたいけど、一体何をしたらいいのかわからない…」

こんな風に思っている飲食店の経営者は、意外と多いでしょう。

毎日、一生懸命にお客様と向き合っていても、売上が思ったように伸びないときもあるでしょう。

私も飲食店の経営に関わっているので、お気持ちはよくわかります。

「どうやったら売上を上げられるだろう…」と悩んで、「飲食店経営」と名が付く本を20冊以上、がむしゃらに読みあさって実行したこともありました。すると、毎月の売上を実際に上げることに成功しました。

そこで、この記事では、どの飲食店でも簡単に売上を上げられるようになるアイデアを10個に厳選してお伝えします。

「お店の売上を上げたい!」「もっと黒字にしたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

おかげ丸「どの方法も簡単にできて効果的なので、ぜひ実践してくださいね」

それでは、まいりましょう。

飲食店の売上がアップするアイデア10選

飲食店の経営は、「材料費」「人件費」「店舗の家賃」などいろいろなコストがかかるので、売上は少しでもほしいところ。

なので、今すぐにできる売上アップのアイディアを10個紹介しますね。

飲食店の売上がアップするアイデア10選

  • ①期間限定メニューの開発
  • ②裏メニューの開発
  • ③店舗の家賃交渉
  • ④安定客の3回と常連客の10回の壁を超える
  • ⑤SNS・自メディアを運用する
  • ⑥POSレジの導入
  • ⑦お店のコンセプトを変える!狙っている客層の心をつかむ
  • ⑧出前や出張をして露出する
  • ⑨コラボ企画を実施
  • ⑩メディアに取り上げてもらう(テレビ・雑誌・ウェブ)

弟子「なんだか方法がいっぱいだね。どれからやればいいの?」

おかげ丸「全部をやる必要はないので、できることからはじめていくまる~」

①期間限定メニューの開発

売上を上げるためには、期間限定メニューを開発するのがオススメです。

多くの飲食店経営の本には、「キラーメニューを作りましょう」と書いてあります。でも、キラーメニューを簡単に作れれば、誰も苦労しません。キラーメニューを作るのは、難しいのです。

それに対して、期間限定メニューは、簡単に作れちゃいます。「春限定」「夏限定」というメニューを作ればいいだけです。

おかげ丸「多くの人は、「限定」という言葉に弱いので、期間限定メニューは多少値段が高くても、よく売れるまるよ」

弟子「言われてみれば、『月見バーガー』みたいな期間限定メニューって、つい買ってしまうね」

②裏メニューの開発

期間限定メニューと共に、オススメなのが「裏メニュー」の開発です。

メニュー表に載っていないメニューを作っておくと、お客様の注文単価のアップやリピートに繋がります。

たとえば、牛丼でおなじみの吉野家では、お肉を丼の下に盛り付けてから、その上にご飯を乗せた「肉下」という裏メニューがあります。

弟子「『メニューに載っていない』というだけで、お客様は「試しに頼んでみよう」という心理が働いて、注文してくれそう」

おかげ丸「そうだね。あと、裏メニューを作っておくと話題性も出るから、お客様が友達や家族を連れてリピートしてくれることもあるよ」

③店舗の家賃交渉


意外と見落としがちなのが、店舗の家賃交渉です。

大家さんや管理会社に「向こう半年間は継続するので、家賃を安くしてくれませんか?」と交渉してみましょう。

ダメで元々で、交渉してみましょう。うまくいけば、家賃交渉をするだけで毎月数万円のコストを節約できるので、売上のアップに繋がります。

弟子「もしも毎月の家賃が数万円安くなったら嬉しいね」

④安定客の3回と常連客の10回の壁を超える

飲食店をしている人ならご存知の人も多いかもしれませんが、「お客様は、3回来ると安定客、10回くると常連客になる」と言われています。

なので、新規のお客様を呼ぶだけでなく、3回、10回とリピートしてもらうことが重要です。

弟子「でも、どうやってお客様にリピートしてもらえばいいの?」

おかげ丸「お客様にリピートしてもらうには、リピートしたくなる仕組みを作ればいいんだよ」

「たとえば、塚田農場では、お客様に名刺を発行しており、お店に通うたびに主任、課長と役職が上がる仕組みになっているまるよ」

弟子「リピートしたくなる仕組みになっているわけだね」

なお、スタンプカードの発行もいいですが、「スタンプカードは、財布の中でかさばるからいや」という人も多いので、断られることも多いです。

なので、会計時に「スタンプカードを作ってくれたら、100円割引しますよ」などの案内をすると効果的ですよ。

⑤SNS・自メディアを運用する


定番の方法ですが、売上を上げるにはやはりインターネットの力も使って集客はしたいものです。

TwitterやInstagramや自分のお店のブログで情報発信をしてみましょう。

ただし、情報を発信しているだけでは誰も見てくれません。なので、お店に「Twitterはじめました!フォローお願いします」「Instagramはじめました!フォローお願いします」と案内を出しておきましょう。

弟子「TwitterやInstagramを使っていても、スグには売上は上がらないんじゃないかな?」

おかげ丸「もちろんスグには、売上にはならないよ。でも、続けているとお客様がTwitterやInstagramを見て来店してくれるようになるから、今からでもはじめておいた方がいいよ」

オフラインとオンラインの両輪で集客すると売上が上がりやすいですよ。

⑥POSレジの導入

POSレジを導入するのも売上アップには、有効です。

弟子「POSレジを導入すると、どんないいことがあるの?」

おかげ丸「POSレジなら、売れている商品を把握したり、会計のミスを防げたりするから業務の効率化をできるんだよ」

あなたも、お釣りの渡し間違いで損をしたり、レジの残金と売上の計算が合わなかったりした経験があるかもしれませんね。会計作業って意外と負担になっていると思います。

POSレジを導入すると業務効率が上がるので、他の業務に時間を使えるようになりますよ。

おかげ丸「レジの締め作業も早く終わるから、人件費の節約にもなるまるよ」

⑦お店のコンセプトを変える!狙っている客層の心をつかむ

もしもお店にコンセプトがないなら、コンセプトを変えて狙っている客層の心をつかむのも手です。

たとえば、すき家は子供用の椅子やメニューを用意したことで、「家族でも入れる牛丼チェーン」というコンセプトを打ち出しています。

また、コメダ珈琲はゆるい雰囲気をコンセプトに打ち出しました。「スタバだとパソコンで作業をしているビジネスマンが多いけど、コメダ珈琲はビジネスマンがくつろぎやすい」というスタバとは違った分野で勝負をしています。

「お客様を選べば、お客様から選ばれる」というのが、マーケティングの鉄則なので、狙っているお客様の心をつかめるようなコンセプトを考えてみましょう。

弟子「でも、コンセプトってどうやって考えればいいの?」

おかげ丸「どんなお店ならお客様が喜んでくれる?自分はどんなお店を作りたいか?考えてみると思いつくことが多いまるよ」

⑧出前や出張をして露出する


また、出前や出張をして露出するのも手です。

以前なら、「飲食店は出店した立地でしか商売ができない」という傾向が強かったです。

しかし、2018年ごろからはUber Eatsが普及してきたので、簡単に出前をはじめることができるようになりました。

Uber Eatsで料理を注文をしたお客様が実店舗に来てくれることもありますよ。

弟子「でも、Uber Eatsで注文できるようにするのっていろいろ大変そう」

おかげ丸「他にも有効なのは、パーティーやイベントへの出張だよ」

弟子「パーティーやイベントへの出張ってなに?」

おかげ丸「パーティーやイベントの主催者に交渉して料理を出させてもらうのさ」

Uber Eatsを利用するのが大変そうと思うなら、パーティーやイベントに料理を提供するのも手です。パーティーやイベントにはたくさんの人が集まるので、お店の宣伝になります。

なお、出張で料理を作る場合は、自分の店舗以上に食品衛生に注意しましょう。

⑨コラボ企画を実施


コラボを活用するというものいい手です。

たとえば、猿田彦珈琲はビームスとコラボして、オリジナルのグッズを販売したり、コカコーラとコラボして缶コーヒーを出したりして知名度を上げました。

弟子「ビームスやコカ・コーラとコラボするのは難しそう」

おかげ丸「いきなりビームスやコカ・コーラとのコラボまで行かなくても、ほかの会社とコラボできないか?と考えてみてね」

たとえば、店舗の近くの美容室や接骨院などの「チラシを置かせてくれないか?」と頼むのも立派なコラボですよ。

自分のお店だけではなく、他のお店とコラボして商売ができないか考えてみるだけで思わぬコラボ先が見つかりますよ。

⑩メディアに取り上げてもらう(テレビ・雑誌・ウェブ)


メディアに取り上げてもらうというものも有効な手です。

弟子「でも、メディアに出るのって大変そう」

おかげ丸「話題性があれば、メディアに取り上げてもらいやすいまるよ」

メディアに取り上げてもらうとなると大変そうなイメージがありますよね。

ですが、名物メニューやお店のコンセプトがおもしろいなどの話題性があれば、メディアに取り上げてもらえる可能性が高くなります。

なお、テレビや新聞などの大手の媒体は「メディアの掲載実績」がないと取り上げてもらうのが難しいです。なので、まずは雑誌やブログなどに取り上げてもらって、「メディアの掲載実績」を積みましょう。

雑誌やブログもネタを探してるので、「こういう変わったお店をやっています。よかったら取材してみませんか?」と連絡を入れると意外と取材をしてれくれる場合がありますよ。

私が経営に関わっているバーも、有名なブロガーさんに取材を依頼したら、「いいです」と快諾してもらい取材を受けたことがあります。その結果、ブログを見た人たちが店にやってきてくれました。

安易な割引は、売上は上がるが利益が出ないのでNG

弟子「売上が上がりそうだけど、全品10%オフのセールとかしちゃダメなの?」

おかげ丸「ダメとは言わないけど、安易な割引で売上は上がるけど、10%も割引にしちゃうと利益が出なくなるリスクがあるよ」

100万円で利益率30%の場合:30万円の利益
120万円で利益率20%の場合:24万円の利益

弟子「あれ?売上が20万円も多いのに、利益は6万円も減ってしまったね」

おかげ丸「10%割引にすると、お客様がいつもより多めに注文してくれて、売上は上がるかもしれないけど、利益率は下がってしまうんだよ」

ついつい割引をしたくなるときもありますが、利益率が減ってしまいます。

おかげ丸「安易な割引をすると『売上が上がっているのに利益が出ない』という状態になってしまうので、安易な割引は避けた方がいいまるね」

まとめ:アイデアは実践あるのみ!今すぐに行動して売上をあげましょう

飲食店の売上を上げるアイデアを10個お伝えしてきました。

飲食店の売上がアップするアイデア10選

  • ①期間限定メニューの開発
  • ②裏メニューの開発
  • ③店舗の家賃交渉
  • ④安定客の3回と常連客の10回の壁を超える
  • ⑤SNS・自メディアを運用する
  • ⑥POSレジの導入
  • ⑦お店のコンセプトを変える!狙っている客層の心をつかむ
  • ⑧出前や出張をして露出する
  • ⑨コラボ企画を実施
  • ⑩メディアに取り上げてもらう(テレビ・雑誌・ウェブ)

中には、「もし知っている」と思ったアイデアもあったと思います。しかし、実践していないなら、ぜひ実践してみてください。

弟子「でも、どれからはじめたらいいのか迷ってしまう」

おかげ丸「そんな人は、まずPOSレジの導入がオススメだよ。他の方法と違って、実践すれば、ほぼ確実に業務効率が改善するし、導入している限り効果が持続するまるよ」

弟子「だけど、POSレジの導入ってどうしたらいいのかわからない」

おかげ丸「POSレジの導入に関しては、やり方をまとめた記事があるから参考にしてみてね」

飲食店の経営は、やることが多くて大変だと思います。仕入れや調理や掃除やスタッフの教育などやることがいっぱいです。毎日やることが多くて大変ですよね。

でも、この記事でアイデアを実行するだけで売上が上がるので、ぜひこの記事の内容を活用してみてくださいね。

モバイルオーダーって知ってますか?

お客様のスマホで注文をしてもらうので高額なタッチパネル端末代金はかかりません!
QRコードを読んでもらうだけの簡単注文!
さらにLINEやInstagramなどのSNSと連動で柔軟なキャンペーン設計も可能です!

詳しくはこちら