COLUMN

POS レジって何︖ 〜解説から種類まで徹底解説〜

POSレジとは︖


POSレジとは、「point of sales(販売時点情報管理)」というPOSシステムが組み込まれたレジシステムです。

レジが登場した当初は、商品の合計⾦額や、お釣りの計算、⼀⽇の売上⾦の計算などの集計作業のみを⾏うものでした。しかし、それでもレジを導⼊するだけで今までより集計作業は効率化され、売上管理は⾶躍的に向上しました。

さらにレジは進化し、POSシステムによりデータを収集しマーケティングに活かすことを⽬的とした、POSレジが登場しました。POSシステムとは、売上、商品、⽇付、時間帯等からデータを集計できる機能です。
POSレジを導⼊することで、何が売れ筋商品で、何が売れていない商品かをいち早くに判断することができます。
早く判断することができれば、売れ筋商品の仕⼊れを増やし、売れていない商品の仕⼊れを減らすことができます。限られた売り場⾯積の中で、機会損失を防ぎ売上を最⼤限まで伸ばすために今やPOSレジは必要不可⽋といえます。

POSレジにできること

POSレジを導⼊している場合、複数店舗にあるPOSデータを⾃動で集計し売上を⼀元管理することができます。そのため集計ミスを防ぎ、業務も効率化されます。
また、レジを誰が使⽤したかも管理できるため、従業員による不正⾏為を防⽌することも可能です。合わせて、POSレジは天候や年齢・性別などもデータと組み合わせることができるため、いつどの商品をどのくらい仕⼊れればいいか、予測を⽴てやすくなります。店舗責任者による感覚に頼っていた発注作業が、誰でも簡単に⾏えるようになるのです。

POSレジで収集できる主なデータは、いつ売れたか(⽇時)、どこで売れたか(場所)、何が売れたか(詳細)、どれだけ売れたか(数量)、いくらで売れたか(価格)、何が⼀緒に売れたか(⼀緒に売れたもの)、誰が購⼊したか(ID-POS)等です。
※ID-POSとは、ポイントカード等に紐づけた個⼈IDを元にデータ収集したものです。ID-POSにより、特定の個⼈が「どの商品をどれだけ購⼊したか」「新規かリピートか」等のより詳しいデータを収集することができます。

知っておきたいPOSレジの種類

ここではPOSレジの種類について紹介します。POSレジは、街中でよく⾒かけるターミナルPOSレジの他にもいくつか種類があります。これからPOSレジの導⼊や⼊れ替えを検討している⽅は、それぞれの特徴を把握し⾃社の⽬的に合わせたPOSレジを選ぶことをおすすめします。では、早速POSレジの種類について説明します。

ターミナルPOSレジ

スーパーや飲⾷店でよく⾒かけるタイプのPOSレジです。⾃社に合わせたカスタマイズが可能で、⼤型店やチェーン店等で利⽤されることが多いです。ただし、1台当たりの価格が⾼額なため、故障や⼊れ替えをする際の費⽤も⾼額になります。⼩型店舗等にはおすすめできません。

パソコンPOSレジ

パソコンにPOSシステムのソフトウェアをインストールして使⽤するタイプです。レジとしてもパソコンとしても利⽤できるため、コストをかけずに利⽤できます。
POSシステムを更新する際も、本体を買い替える必要がありません。

タブレットPOSレジ

タブレット端末やスマートフォンにPOSシステムのソフトウェアをインストールして使⽤するタイプです。
上記2つのPOSレジよりも導⼊コストが低く操作もしやすいため、最近では多くの店舗で採⽤されています。

まとめ


いかがだったでしょうか。POSレジをただの集計できる機械と考えるのではなく、売上を上げるために必要なマーケティングの⼀部だとご理解いただけたでしょうか。
POSレジで収集したデータを上⼿く活⽤することができれば、業務効率を上げるだけでなく、機会損失を防ぎ今よりも売上を伸ばすことができます。また、蓄積されたデータを⾒れば売上予測も
⽴てやすくなります。とはいえ、POSレジであればどんなものでもいいわけではありません。POSレジをどのように使うか、⽬的を予め決め⽤途に合わせた種類を選択することが重要です。
もし、⾃社でPOSレジを導⼊もしくは⼊れ替える予定がある場合は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

モバイルオーダーって知ってますか?

お客様のスマホで注文をしてもらうので高額なタッチパネル端末代金はかかりません!
QRコードを読んでもらうだけの簡単注文!
さらにLINEやInstagramなどのSNSと連動で柔軟なキャンペーン設計も可能です!

詳しくはこちら