COLUMN

飲食店でモバイルオーダーが選ばれる理由や特徴を解説

近年の飲食店業界では、新しくて便利なオーダー・決済の方法として、モバイルオーダーが注目されつつあります。
モバイルオーダーは、導入することで店側だけではなくお客様にもメリットのあるサービスです。しかし、具体的にどのようなメリットがあるのかが分からなければ、導入すべきかどうかを判断することもできません。

本記事では、飲食店でモバイルオーダーが選ばれる理由やモバイルオーダーが活用できるシーン、モバイルオーダーを利用した注文の流れなどについて説明します。

飲食店でモバイルオーダーが選ばれる理由とは

飲食店でモバイルオーダーが選ばれる理由としては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • オーダーの確認やレジ打ちの業務をなくすことができる
  • 人手不足をカバーできる
  • 待ち時間が減る
  • 密を避けられる

それぞれのメリットについて、説明します。

オーダーの確認やレジ打ちの業務をなくすことができる

モバイルオーダーを導入すれば、店員がオーダーを確認する手間を省くことができるので、業務の効率化が期待できます。
サービスによっては、注文だけでなく決済まで済ませられるようなものもあるので、そういったものであればレジ打ちの手間まで省くことが可能です。

人手不足をカバーできる

お客様にモバイルオーダーで注文してもらうことによって、ホールに配置する人員を最小限に抑えることができます。
人手不足で悩んでいる飲食店にとって、限られたマンパワーを厨房での調理作業に割り振ることができるのは、大きなメリットと考えられます。

待ち時間が減る

上述したのはお店側にとってのメリットですが、モバイルオーダーの導入はお客様側にもメリットがあります。
事前に注文したうえでお店に行けばすぐに料理が提供されますし、支払いも同時に済ませてしまえば、混雑したレジの前で待つような時間もなくすことができます。

店内の注文に関しても、店員がくるまでの待ち時間がなくなります。

特に混雑している曜日や時間帯は業務で忙しいため、店員を呼んでもすぐに対応できないケースが多いでしょう。モバイルオーダーを導入すれば、そういった不要な待ち時間をなくせるため、顧客満足度を上げることにもつながります。

密を避けられる

注文を行う際に店員と話したり、支払いを行う際に店員と至近距離にいたりすると、どうしても密になってしまう可能性は避けられません。
しかし、モバイルオーダーを利用すれば店員との接触を必要最小限に抑えることができるので、密を避けながら料理を楽しむことができます。

飲食店のどんなシーンでモバイルオーダーが活用できるのか?


飲食店でモバイルオーダーが活用できるシーンとしては、主に店内で注文を行う際とテイクアウトで注文を行う際が考えられます。
いずれの場合でも、従来の方法で注文を行う場合と比べると大幅な時間短縮が可能なのが大きなメリットです。

モバイルオーダーの注文の流れを紹介

モバイルオーダーで注文を行う際の流れを、店内での注文とテイクアウトでの注文それぞれに分けて説明します。

店内での注文

店内で注文を行う場合、まずはお客様が自分のスマートフォンを利用してオーダーを送信します。
店側は厨房でお客様からのオーダーを確認して調理を行い、お客様に料理を提供します。

オーダーと同時に支払いまで完了するケースもありますが、そうではない場合はレジにて会計を行います。
セルフレジを導入すれば、モバイルオーダーによって減らされた接触機会を、最後まで少ないまま維持することができるでしょう。

テイクアウトでの注文

テイクアウトで注文を行う場合、料理のオーダーを行うと同時に、料理を受け取りに行くタイミングも同時に決定します。

店側は、指定された時間までに調理を終えて料理を完成させておき、受け取りに来たお客様に料理を渡します。
テイクアウトでモバイルオーダーを利用する場合は、オーダーと同時に支払いも完了するケースが大半です。したがって、お客様は料理を受け取りに来た際に支払いなどを行う必要がなく、待ち時間0分で料理を受け取ることができます。

モバイルオーダーシステムならOkageシリーズがおすすめ


モバイルオーダーシステムは、お店にもお客様にもメリットの大きなシステムなので、導入することでお店のオペレーションも改善され、お客様からの評判もよくなるでしょう。

モバイルオーダーシステムの導入を検討する場合は、Okageシリーズがおすすめです。
Okageシリーズのおすすめポイントを、以下で説明します。

サービスを自由に組み合わせることができる

Okageシリーズでは、オーダーの方法や支払い方法などを自由に組み合わせて利用することができるため、自店舗にとって最適な形で導入することができます。
店内飲食とテイクアウトの両方に対応しているような店舗の場合、テイクアウトの注文のみモバイルオーダーを導入することも可能です。

また、レジも後払いセルフレジと有人レジを選択可能することができます。自店舗の人材が足りているかどうかや、ほかの業務との兼ね合いも踏まえたうえで、より適したほうを選択するとよいでしょう。

各種機能が充実している

Okageシリーズには、モバイルオーダーを利用する際にあると便利なさまざまな機能が充実しています。

特許出願済みのワンタイムQRコードは、お客様の入店情報に紐づいて固有のQRコードが発行されるので、注文画面をすぐに表示させることができますし、お客様が事前にアプリをダウンロードするような必要もありません。
支払いが終った後はQRコードが無効になるので、いたずら防止にも効果的です。

フリーレイアウトの場合は、モバイルオーダー画面に自店のSNSリンクを貼ることも可能なので、フォローすることですぐに利用できるような特典を設けることで、リピーターやファンを確保しやすくなるでしょう。

クラウドでの一元管理が可能

Okageシリーズにはさまざまなプロダクトがありますが、すべてクラウドで一元管理されているため、すべてのプロダクトやサービスがリアルタイムで連動します。
管理の二重化やオペレーションの二重化を防ぐことができるので、シンプルなオペレーションでの運用が可能です。

まとめ:モバイルオーダーを導入して効率的な店舗運営を行おう

モバイルオーダーを導入することで、オーダーの確認やレジ打ちの業務をなくして人手不足をカバーすることができます。
店内での注文にもテイクアウトの注文にも導入することができるため、自店舗のオペレーションに沿ったサービスを導入するとよいでしょう。
なお、注文の流れは、お客様が店内で注文する場合とテイクアウトとで多少異なります。待ち時間をなくしたい場合は、テイクアウトでの注文がおすすめです。

Okageシリーズは、オーダーの方法や支払い方法などのサービスを店舗の運営に合わせて、自由に組み合わせることができるモバイルオーダーシステムです。
また、ワンタイムQRコードを発行したり、モバイルオーダー画面でSNSリンクを表示できたりする機能性も魅力となっています。
シンプルで使いやすく、かつ機能が充実しているモバイルオーダーシステムをお探しの方は、ぜひOkageシリーズをお試しください。

Okage説明会のご案内

モバイルオーダーって知ってますか?

お客様のスマホで注文をしてもらうので高額なタッチパネル端末代金はかかりません!
QRコードを読んでもらうだけの簡単注文!
さらにLINEやInstagramなどのSNSと連動で柔軟なキャンペーン設計も可能です!

詳しくはこちら

電話でのお問い合わせ

0120-055-880