COLUMN

どのモバイルオーダーシステムがおすすめ?選定ポイントも紹介!

飲食店内モバイルオーダー

モバイルオーダーシステムは、近年飲食店を中心に導入が進んでいますが、導入に二の足を踏んでいる店舗もたくさんあると思われます。
実際に導入するにあたっては、導入することでどのようなメリットがあるのかを把握しておかなければなりません。また、導入すべきシステムを選ぶ際のポイントも気になるところです。

本記事では、モバイルオーダーが飲食店におすすめな理由やモバイルオーダーの選定ポイントなどについて説明すると同時に、おすすめのモバイルオーダーシステムも紹介します。

モバイルオーダーが飲食店におすすめな理由

2332_POS
モバイルオーダーの導入が飲食店におすすめな理由としては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 業務効率が改善される
  • 顧客満足度が向上する
  • 顧客情報の収集に役立つ

それぞれの理由について、説明します。

業務効率が改善される

モバイルオーダーを導入することで、ホールの店員がお客様に注文を伺いに行く時間や、電話でのテイクアウトの注文に対応する時間をカットすることができます。
注文だけでなく支払いまで完了させられるようなシステムの場合は、レジ打ち業務の時間もカットできます。

結果として業務効率が大幅に改善されるので、アルバイトなどの人員確保に苦戦しており、少人数で業務を行わなければならないような店舗にとっては、とくに助かるでしょう。

顧客満足度が向上する

モバイルオーダーを利用して注文を行うことで、注文のために店員を呼んだのに店員が気付かずにまったく注文を取りに来ない、といったことがなくなります。
また、料理をテイクアウトで持ち帰りたい場合でも、あらかじめモバイルオーダーで注文を完了させておけば、指定の時間に店舗に行くことで待ち時間なく料理を受け取ることができます。

システム上で支払いまで完了させられることができれば、支払いのために混雑したレジの前に並ぶ必要もなく、スムーズにお店を出ることが可能です。
このようにさまざまな観点から、顧客満足度の向上が期待できます。

顧客情報の収集に役立つ

モバイルオーダーを介して注文が行われると、注文に関する記録をデータとして残すことができます。
そういったデータはお店にとって非常に貴重なものであり、人気メニューの判別や店内注文とテイクアウトの注文での傾向の差異、テイクアウトの持ち帰り時間として指定される時間帯の傾向などの情報を得ることができます。

これらの情報を分析することで、新メニューの開発やバイトのシフト作成などに役立つでしょう。
多店舗展開しているお店であれば、店舗ごとの注文傾向の違いから何か読み取れることがあるかもしれません。

モバイルオーダーの選定ポイント


モバイルオーダーを導入する場合は、どのシステムを利用するかというところから決めなければなりません。
モバイルオーダーのシステムを選定する際のポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 自店舗のオペレーションに沿った形で導入できるか
  • 機能は充実しているか
  • 管理や運用は簡単か
  • お店のイメージに沿ったメニュー作成ができるか

それぞれのポイントについて、説明します。

自店舗のオペレーションに沿った形で導入できるか

店舗によって、モバイルオーダーの理想的な導入の形は異なります。
店内での飲食の提供だけでなくテイクアウト業務も行っている場合は、テイクアウトにも対応できるシステムであることが望ましいです。

また、支払いに関してもシステム上で支払いまで完了させられるものもあれば、支払いはセルフレジにて行ってもらうようなものもあります。
自店舗のオペレーションを踏まえたうえで、最適なシステムを選ぶことが重要です。

機能は充実しているか

モバイルオーダーに備えられている機能は、システムごとに異なります。
注文や支払いに関する機能を備えていることはもちろんですが、海外からのお客様でも利用しやすいように、英語や中国語・韓国語などに対応しているものもあります。

また、割引クーポンを発行したり独自のポイントを付与したりするようなシステムもありますが、そういったシステムは顧客の囲い込みに効果的です。
どのような機能が必要かは店舗によって異なると思いますので、機能を比較検討したうえで判断しましょう。

管理や運用は簡単か

モバイルオーダーを新しく導入する場合、うまく使いこなすことができなければ、業務効率は改善されるどころか悪化してしまう可能性も考えられます。
そのため、管理や運用が簡単に行えるものであることも重要です。

さまざまなプロダクトがクラウド上で一元管理されるシステムもありますが、そういったシステムであれば、すべてのプロダクトやサービスがリアルタイムで連動します。
管理やオペレーションの二重化を防ぐことができるので非常に運用しやすく、モバイルオーダーをはじめて導入するという店舗にもおすすめです。

お店のイメージに沿ったメニュー作成ができるか

モバイルオーダーを導入したものの、ただメニューが並んでいるだけの無機質なレイアウトが味気ないという意見をよく耳にします。

特にしっかりとしたコンセプトがあるお店の場合は、コンセプトを損なわないようなメニュー作成ができるかどうかも、システムを選ぶ際の重要なポイントになるでしょう。

決められたフォーマットの中から選ぶだけでなく、おすすめのメニューを大きくしたり、季節限定のメニューを目立たせたりと、レイアウトを自由に配置できるメニュー作りが可能なシステムを選べば、さまざまなお店で受け入れやすいはずです。

使いやすくて安心!Okageシリーズの特徴を無料説明会で確認しよう!

注文や支払いは飲食店の中でも中心的なオペレーションなので、それらを担うシステムは使いやすさと安全性を兼ね備えていることが重要です。
導入したはいいものの、いざ使ってみると使い勝手がイマイチ、セキュリティに不安が残る、お店のコンセプトに沿っておらず利用を呼びかけづらいといったようなことは、避けたいところでしょう。

そういったことも踏まえておすすめなのが、Okageシリーズのモバイルオーダーです。
Okageシリーズでは無料の説明会を行っており、事前に確認したうえで導入を決めることが可能なので、使いやすさや安全性に対する不安を払拭したうえで利用することができます。また、公式サイトでは実際の導入事例のほか、費用シミュレーションも公開しています。
モバイルオーダーシステムの導入を検討されている場合は、ぜひOkageシリーズにお問い合わせください。

まとめ:モバイルオーダーシステムはオペレーションに沿ったものを導入しよう

モバイルオーダーを導入することで、業務効率が改善されたり顧客満足度が向上したりといった恩恵があります。顧客情報の収集に役立つ点も見逃せません。

また、モバイルオーダーにはさまざまなシステムがあります。機能の充実具合や管理や運用の簡単さなどを踏まえて、どのシステムを導入するかを判断しましょう。
とくに機能をチェックする際は、自店のオペレーションに適していることも確認してください。支払いがどの段階で完結するかなどもよく注意しましょう。
そのほか、テイクアウトやクーポン、ポイントへの対応、多言語への対応などをチェックして、最適なシステムを見極めることが重要です。

Okageシリーズは無料の説明会で事前に確認してみたうえで、導入すべきかどうかを判断することができます。料金について気になる場合は、公式サイト上の費用シミュレーションの活用がおすすめです。
モバイルオーダーシステムの導入を検討されている場合は、ぜひOkageシリーズをご検討ください。

Okage説明会のご案内

モバイルオーダーって知ってますか?

お客様のスマホで注文をしてもらうので高額なタッチパネル端末代金はかかりません!
QRコードを読んでもらうだけの簡単注文!
さらにLINEやInstagramなどのSNSと連動で柔軟なキャンペーン設計も可能です!

詳しくはこちら

電話でのお問い合わせ

0120-055-880