COLUMN

モバイル オーダー導入の効果とは?注目されている理由や利用方法

飲食店を中心に導入が進んできているモバイルオーダーですが、その背景にはいろいろな理由が考えられます。
モバイルオーダーの導入を検討している場合は、導入することでどのような恩恵があるのかを、把握しておかなければなりません。最適なシステムを選ぶため、導入前にいくつかのシステムを比較・検討することも大切です。

本記事では、モバイルオーダーが注目されている理由、飲食店にモバイルオーダーを導入することによって得られる効果などについて説明すると同時に、おすすめのモバイルオーダーシステムも紹介します。

なぜモバイルオーダーが注目されているのか?

モバイルオーダーが注目されている理由としては、さまざまなことが考えられます。
すでにモバイルオーダーを導入して運用している企業によって、さまざまなメリットがあるということが発表されていることも、大きな要因として考えられるでしょう。

また、新型コロナウイルスの影響も、モバイルオーダーに注目が集まることになった大きな理由として考えられます。
モバイルオーダーを導入することで、店員を介さずとも注文や支払いを行えるので、他者との接触機会を減らすことができるという点が、お店にとってもお客様にとっても歓迎されるポイントとなっているのです。

そのほかにも、顧客情報を収集できたり販促ツールとして使えたりといったことも、モバイルオーダーが注目している理由として挙げられるでしょう。

飲食店のモバイルオーダー導入の効果とは


飲食店にモバイルオーダーを導入することによる効果としては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 業務効率が改善する
  • 顧客満足度が向上する
  • 顧客情報の収集に役立つ

それぞれの効果について、説明します。

業務効率が改善する

モバイルオーダーを導入すれば注文はすべてシステム上で完結するので、ホールの店員がお客様に注文を伺いに行く必要がなくなります。また、電話でテイクアウトの注文に対応する必要もありません。

システムによっては注文だけでなく、支払いまで完了させられることもあります。そのようなシステムの場合は、店員がレジ打ちを行う必要もなくなります。
結果として、店員の負担が減って業務効率の大幅な改善に繋がる可能性があるのです。
アルバイトなどの人員確保に苦戦しており、最低限の人数で店舗を回さなければならないようなケースでは、とくに助かるでしょう。

顧客満足度が向上する

混雑したお店の場合、注文を行おうとしても店員が忙しくてなかなか気付いてくれない、といったことがあります。
モバイルオーダーを利用することで、そういったケースをなくすことが可能です。

料理をテイクアウトで持ち帰りたい場合でも、あらかじめモバイルオーダーで注文を完了させておくことで、お店に到着してすぐに料理を受け取ることができます。料理ができるまで待っている必要がなく、お客様にとっては大幅な時間短縮となるでしょう。

さらに、システム上で支払いまで完了させられることができれば、支払いのために混雑したレジの前に並ぶ必要もなく、スムーズにお店を出ることが可能です。
注文および支払い双方の観点から、顧客満足度の向上が期待できます。

顧客情報の収集に役立つ

モバイルオーダーを利用した注文では、注文のデータがシステムに記録として残ります。
お客様からの注文に関するデータはお店にとって非常に貴重なものです。人気メニューを判別し、店内注文とテイクアウトの注文での傾向の差異を把握することで、新メニューの開発などに役立てることができるでしょう。

テイクアウトがどの時間帯や曜日に増えるかといった情報を把握できれば、バイトのシフト割り振りなどに役立つかもしれません。
多店舗展開しているお店であれば、地域ごとや店舗ごとの傾向の違いから、各地域・店舗の特性にもとづいた戦略を立案できる可能性もあるでしょう。

モバイルオーダーの利用方法とは

モバイルオーダーの利用方法はシステムにより異なりますが、事前にお客様にアプリをダウンロードしてもらって、アプリ上で注文や支払いを行ってもらうという形が一般的です。
支払い方法もさまざまで、クレジットカードでの支払いだけでなく、各種電子マネーが利用できるものもあります。

一般的なアプリを使い慣れている方であれば、操作はさほど難しいものではありません。何度か使ってみて慣れてしまえば、その後はスムーズに利用できるようになるでしょう。

気軽に導入できるOkageシリーズがおすすめ!


モバイルオーダーシステムの導入を検討する場合は、Okageシリーズがおすすめです。
Okageシリーズのおすすめポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • サービスを自由に組み合わせることができる
  • 各種機能が充実している
  • クラウドでの一元管理が可能

それぞれのポイントについて、説明します。

サービスを自由に組み合わせることができる

Okageシリーズは、オーダーの方法や支払い方法などを自由に組み合わせて利用することができるのが大きなメリットです。
店内飲食とテイクアウトの両方を行っているような店舗の場合、テイクアウトの注文のみモバイルオーダーを導入するといったように、使い分けることも可能です。

また、レジも後払いセルフレジと有人レジを選択可能なので、自店舗の人材が足りているかどうかやほかの業務との兼ね合いも踏まえたうえで、支払い方法を決めることができます。

各種機能が充実している

機能が充実していることも、Okageシリーズの魅力のひとつです。
特許出願済みのワンタイムQRコードは、お客様の入店情報に紐づいて固有のQRコードが発行されるので、それぞれのお客様専用の注文画面を開くことができます。
QRコードを読み込む形で注文することから、事前にアプリをダウンロードしておく必要もないため、お客様の手間も必要ありません。支払いが終った後はQRコードが無効になるため、安心して利用することができます。

同じく特許取得済みのフリーレイアウトにより、メニュー表を無機質なものではなく、店舗独自の趣向を凝らしたものにすることができます。

フリーレイアウトでは、おすすめ商品をダイナミックに魅せたり、新作メニューの写真を大きくしたりと、個性的なデザインもそのまま反映することが可能です。

店舗の世界観やイメージを打ち出しやすいので、しっかりとしたコンセプトを持っているお店にはとくにおすすめな機能です。

モバイルオーダー画面には自店のSNSリンクを貼ることも可能なので、販促ツールとして利用することも可能です。

クラウドでの一元管理が可能

Okageシリーズはすべてクラウドで一元管理されているというのも、大きな特徴です。
Okageシリーズにはさまざまなサービス・プロダクトがありますが、それらがすべてリアルタイムで連動するため、管理やオペレーションの二重化を防ぐことにつながり、非常に運用しやすいです。

まとめ:モバイルオーダーを導入することはお店にもお客様にもメリットがたくさん

モバイルオーダーは非常に便利なシステムであることに加えて、コロナ禍の情勢において店員とお客様の接触機会を減らすことができるということも追い風になって、近年導入が進んできています。
モバイルオーダーによる店舗側のメリットは、業務効率が大幅に改善する可能性がある点です。お客様側にも、オーダーがしやすくなる、待ち時間が大きく短縮できるなどのメリットがあります。
さらに、モバイルオーダーの導入によって接触機会が減り、感染症対策の効果が期待できるところも重要です。

なお、モバイルオーダーシステムは、システムによって利用できる機能が異なります。自店舗でうまく運用できそうな機能を備えているシステムを選んで、導入するとよいでしょう。
モバイルオーダーシステムをお探しの際は、ぜひ気軽に導入できるOkageシリーズをご検討ください。

Okage説明会のご案内

モバイルオーダーって知ってますか?

お客様のスマホで注文をしてもらうので高額なタッチパネル端末代金はかかりません!
QRコードを読んでもらうだけの簡単注文!
さらにLINEやInstagramなどのSNSと連動で柔軟なキャンペーン設計も可能です!

詳しくはこちら

電話でのお問い合わせ

0120-055-880