COLUMN

モバイルオーダーの市場動向や導入する3つの目的とは

モバイルオーダーシステムは、飲食店を中心に近年導入が進んできていますが、これから導入を検討している店舗としては、モバイルオーダー市場の将来性などが気になるところでしょう。
また、モバイルオーダーシステムはただ導入するだけでは意味がなく、あくまでも業務の中で使いこなすことが大切です。そのため、どのような目的でモバイルオーダーシステムを導入するのかについては、きちんと把握しておく必要があります。

本記事では、モバイルオーダーの市場が今後どうなるか、飲食店がモバイルオーダーを利用する目的などについて説明すると同時に、おすすめのモバイルオーダーシステムも紹介します。

モバイルオーダーの市場は今後どうなる?

モバイルオーダーは近年注目が集まっているシステムであり、今後市場はさらに拡大していくと考えられています。
実際にモバイルオーダーを導入して運用している企業が、売上増加や顧客満足度の向上といった確かな手ごたえを感じていることが、大きな要因のひとつと言えるでしょう。

また、モバイルオーダーの導入によって、人手不足で悩んでいる店舗が少ないスタッフで業務を回すことができるようになる点も注目すべきです。新型コロナウイルスに対する対策という観点から考えても、店員とお客様の接触機会を減らすことにつながります。
新型コロナウイルスによる影響はこの先どうなるかまだ不透明です。しかし、モバイルオーダーを導入する店舗にとってさまざまなメリットがあることから、市場規模は着実に拡大していくでしょう。

飲食店がモバイルオーダーを利用する3つの目的


飲食店がモバイルオーダーを導入・利用する目的としては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 店舗の業務効率化
  • 顧客満足度の向上
  • 顧客情報の収集

それぞれの目的について、説明します。

店舗の業務効率化

モバイルオーダーを導入することで、注文・電話への対応やレジ打ちといったさまざまな業務を効率化することができます。
これにより、少ない人数でも店舗業務を回せるようになるので、アルバイトなどの人員確保に苦労しているお店にとっては、非常に大きなメリットです。

顧客満足度の向上

モバイルオーダーを利用して注文を行うことで、注文のために店員を呼んだのに店員が気付かずにまったく注文を取りに来ない、といったことがなくなります。
料理をテイクアウトで持ち帰りたい場合でも、指定の時間に店舗に行けば、待ち時間なく料理を受け取ることができます。

システム上で支払いまで完了させられることができれば、支払いのために混雑したレジの前に並ぶ必要もありません。

このようにさまざまな観点から、顧客満足度の向上が期待できます。

顧客情報の収集

システムを通じて注文や決済を行うため、お店が顧客情報の収集を行うことが可能です。
よく注文されているメニューは何なのか、店内飲食とテイクアウトで人気のメニューは異なるか、テイクアウトの多い時間帯はどのあたりかといった情報を収集することで、新メニューの開発やサービスの提供体制の変更などに、活かすことができるでしょう。

多店舗展開しているお店であれば、店舗ごとの注文傾向の違いから読み取れることもあるかもしれません。

モバイルオーダーの導入は売上アップにも繋がる

モバイルオーダーを導入することで、業務の効率化が期待できます。とくにピークタイムに業務を効率化できれば、それだけさばけるお客様の数が増えることになるので、売上アップも期待できます。
これはピークタイムに行列ができるような人気店において、特に嬉しい効用でしょう。

また、先ほど触れたように、モバイルオーダーの導入は顧客満足度の向上にもつながります。
お店のことを気に入ってくれることで、来店頻度が上がることも期待できるので、さまざまな観点から売上アップにつながると考えられます。

気軽に導入できるOkageシリーズがおすすめ!


モバイルオーダーシステムの導入を検討する場合は、Okageシリーズがおすすめです。
Okageシリーズのおすすめポイントを、以下で説明します。

サービスを自由に組み合わせることができる

Okageシリーズでは、オーダーの方法や支払い方法などを自由に組み合わせて利用することができるため、自店舗のオペレーションに沿った形で導入することができます。
店内飲食とテイクアウトの両方を行っているような店舗の場合、テイクアウトの注文のみモバイルオーダーを導入するといったような使い分けも可能です。

また、レジも後払いセルフレジと有人レジを選択可能なので、自店舗の人材が足りているかどうかやほかの業務との兼ね合いも踏まえたうえで、店舗の運営をより効率的に行えそうなほうを選ぶとよいでしょう。

各種機能が充実している

Okageシリーズには、モバイルオーダーを利用する際にあると便利なさまざまな機能が充実しています。

特許出願済みのワンタイムQRコードは、お客様の入店情報に紐づいて固有のQRコードが発行されるので、注文画面をすぐに表示させることができます。
オーダーのために事前にアプリをダウンロードしておく必要もないので、お客様に手間をかけさせることもありません。
支払いが終った後はQRコードが無効になるのも、安心材料です。

同じく特許取得済みのフリーレイアウトにより、お店のコンセプトやイメージ・世界観を、メニューで表現することができるのも魅力の1つです。

料理の美味しさが伝わるようなメニューにしたい、写真を大きめにしてメニューを魅力的に見せたいといった願いもフリーレイアウトを導入することで叶えられます。

モバイルオーダー画面には自店のSNSリンクを貼ることも可能なので、フォローすることですぐに利用できるような特典を設けることで、効果的かつ効率的にお店のアピールを行うことができます。

クラウドでの一元管理が可能

Okageシリーズにはさまざまなサービス・プロダクトがありますが、それらはすべてクラウドで一元管理されており、リアルタイムで連動します。
管理やオペレーションの二重化を防ぐことができるので、非常に運用しやすいのが大きなメリットです。

まとめ:モバイルオーダーの導入で顧客満足度や売上アップが期待できる

モバイルオーダーのシステムは、店舗の業務を効率化させて顧客満足度の向上が期待できることから、飲食店を中心に今後ますます導入が進んでいくと考えられています。
人手が足りない店舗やピークタイムに行列ができるような店舗ほど、モバイルオーダーを導入することによる恩恵は大きいので、自店舗のオペレーションに沿ったシステムを検討して導入するとよいでしょう。

Okageシリーズはオーダーの方法や支払い方法などを自由に組み合わせることが可能で、自店舗のオペレーションに合わせて利用できます。
また、ワンタイムQRコードが発行できる点、モバイルオーダーの画面にSNSのリンクを表示できる点なども魅力です。
クラウドでの一元管理によって、リアルタイムでの連動が可能なところも大きなメリットとなります。
モバイルオーダーシステムの導入をお考えの際は、ぜひOkageシリーズをご検討ください。

Okage説明会のご案内

モバイルオーダーって知ってますか?

お客様のスマホで注文をしてもらうので高額なタッチパネル端末代金はかかりません!
QRコードを読んでもらうだけの簡単注文!
さらにLINEやInstagramなどのSNSと連動で柔軟なキャンペーン設計も可能です!

詳しくはこちら

電話でのお問い合わせ

0120-055-880