ニュース

2017年10月12日 お知らせ
電子カタログ型コマースアプリ『オーダーブック』がツーリズムEXPOジャパンで活躍!

Okage株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:内田 善久)が提供する電子カタログ型コマースアプリ『オーダーブック』が2017年9月21日(木)~24日(日)に東京ビッグサイトで開催されたツーリズムEXPOジャパン内のイベント『全国ご当地どんぶり選手権』の外国人のお客様向けの多国語電子メニューとして活用されました。

電子カタログ型コマースアプリ『オーダーブック』は、紙のメニューのデータを簡単に取り込んで、電子メニューやオーダーシステムとして利用できるというシステムです。動画の埋め込みや多言語化も簡単に行うことができます。

管理画面から簡単に更新して、操作も快適なネイティブアプリとして提供できるため、日本全国の飲食店で、セルフオーダーシステムや電子メニューとして利用されています。 『全国ご当地どんぶり選手権』は全国各地からご当地自慢の絶品どんぶりが集まり、食べ比べたお客様による投票で「No.1ご当地どんぶり」の座を競い合うというイベントです。本イベントの中で、アテンド用のiPadタブレットを用意し、日本全国のユニークなどんぶりの紹介を英語・中国語・韓国語で行うとともに、お箸の使い方の動画を掲載するなど、日本食に慣れていない外国人のお客様でも視覚的にわかりやすく日本食が食べられるサポートツールとして、『オーダーブック』をご利用いただきました。



Okage株式会社では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、 今後より一層増えることが予想される外国人観光客の方々が快適に日本観光を楽しめるよう、電子メニューやセルフオーダーシステムの提供を通じて、飲食店や飲食イベントの多国語対応を支援して参ります。